狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【6】

メニュー6:トランジション 2対2+2フリーマン(2)

【説明】

このメニューは、右サイドの白色(フリーマン)が相手(青色)のサイドの(架空の)選手から高い位置でボールを奪い返したという仮定からプレーが始まります。よって、この白色の選手はボールを奪い返した次のタッチ(ボールを奪い返した後のタッチ)つまり、2タッチ目でボールを味方(黄色)の中盤の選手に入れます。またこの瞬間、味方のFW(もう一人の黄色)の選手は相手のマークを外してボールを受けるために自身のポジションを落としダイレクトで左サイドに展開します。これをサイドのフリーマンの選手(白色)がダイレクトで相手GKとDF(青色)間にシュート性のボールを入れ、それを味方の2選手(黄色)が合わせ攻撃を完結させます。次の瞬間このシュートをGKが止めたと仮定して青色側のGKから素早く配球を行ないカウンター・アタックを仕掛けます(黄色のシュートの瞬間に逆サイドのフリーマン選手はこのフィニッシュに加わらず、青色のカウンター・アタックに備えたポジショニングを取り、また可能であればGKからの配球を直接受け青色のカウンター・アタックをスムーズなものとする)。

もし、最初の攻撃で黄色が攻撃を完結させる前に青色がボールを奪い返したとしたら、この青色の2選手+フリーマンの2選手で素早く相手ゴールへと迫り攻撃を完結させなければなりません。

また、青色のカウンター・アタック時に、もし黄色がボールを奪い返したとしたら、この黄色の2選手+フリーマンの2選手で素早く相手ゴールへと迫り攻撃を完結させなければなりません。

最大で黄色の攻・守・攻/青色の守・攻・守までプレーが続く。ただし黄色の守、つまり青色の攻の際にボールがピッチを割ったらそこで終了。また、カウンター・アタックに5秒以上または、4タッチ以上を有するようであれば、実践的ではないのでそこで終了とする。

バリエーションとして、オフサイドのルールを設けることも可能である。

このメニューは、『メニュー5のパターン2』であり、途中までのプレー過程は同様である。

翻訳担当:J

【AFOPRO】オンラインコーチング・スクール各種コースが最大35%割引!!

皆様、日頃よりご利用いただきありがとうございます。

 

この度、BARCELONA FOOTBALL STAGE 

Facebookページ いいね数  500 突破しました!!

 

そこで、皆様への感謝の意を込まして本日より2017年01月10日までの期間、

 

【AFOPRO】オンラインコーチング・スクール各種コースを

最大35%割引させていただきます。

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

この機会をどうぞお見逃しなく!!