ラニエリの解雇

フットボールとは残酷なスポーツである。
それは、エリートである彼らにとってさえも言えることである。
監督としての希望は、自身に翼を与え、そして自身と自チームのプレーを作り上げる。
しかし、それらの期待とは裏腹に目前で打ち砕かれる事もある。
誰かが良いことをしたとしても、そのことが重要性を持たないこともしばしば。
なぜならば、常に彼らの頭上には黒雲があるからだ。
ある人々はGuardiolaのドイツでの経験を失敗と考えた。
それは、彼がチャンピオンズリーグでタイトルを掲げるに至らなかったためである。
またある人々は、もしLionel Messiがアルゼンチン代表としてW杯での優勝を勝ち取ることができなければ、彼の非の打ち所の無いキャリアに対して不完全と汚し、非難するだろう。
問題なのは、熱狂的サポーターたちが時にあまりにも多くを期待をしすぎることにある。
GuardiolaやLionel Messiなど・・・このスポーツを見る者すべてにインスピレーションを与え想像を巡らせ魅了する。
全ての常套句は無視するに限る。
イギリスフットボールの歴史に起きたレスター・シティのプレミアリーグ優勝という出来事は、この先長い間最も不可能な出来事とのひとつとなるでしょう。
皆、これが何故かはわかっている。
何故ならば、これは不可能な夢のはずだったから・・・
しかし、今回この不可能な夢を成し遂げたことにより、私たちは皆、今後このチームの歴史的側面の一部を所有することが可能となった。
ある人々は、イギリスの地域リーグのFWであったVardyのような、情熱に火をつけた選手の偉業を喜んだ。
またある人々はMahrezのような妥協しらずの精神を評価し、また常にどこにでも顔を出すKantéの姿勢を評価した。
しかしながら、ロマン主義者たちはClaudio Ranieriについて語り、レスターの選手たちやまた彼らが用いていたシステムについて特に語ていくことはないだろう。
彼の落ち着きやユーモラスでステレオタイプなイタリア人のライン上でのジェスチャーにより、レスター・シティはプレミアリーグを勝ち取った。なぜならば、全てが適切なタイミングでなされたからである。
Ranieriにとってのレスター・シティは1つの仕事以上のものであった。そして彼は、このクラブにとって常に単なる監督以上の存在であり続けるであろう。
レスター・シティの魔法のような昨シーズンを示す決定的な要因が1つだけではないのと同じように、今年のチームの崩壊の要因も1つではない。
Ranieriはこれらの選手たちに「孤独な選手がいないということは、全てがまとまったチームであるというとても良い事である」と教えた。
彼が誰かもしくは何かを見捨てたように見えるだろうか。
私たちの観点のもとであっても、どちらにせよ彼のアイデンティティが失われた後、Culaudio Ranieriはレスター・シティを去るべきであった。
感情を1つの場所に繫ぎ止めるておくことは不可能であるから・・
何故、多くの監督や熱狂的サポーターたちは彼の解任にひどく心を痛めるのだろうか?
もしかしたら、Ranieriがこのチームにふさわしくないとみなされ、冷遇されたと思ったのだろうか。
結局、私たちが最初に述べたように、レスター・シティの状況は悪化し深刻化する可能性があったと考えられる。
我々がこのようなクラブは降格しないことを目標として掲げて、毎試合を闘っている考えるのだとしたら、今回のような不可能な夢(おとぎ話)を打ち砕くことになるだろう。
非情で残酷ななことに
もしRanieriが昨シーズンのリーガのタイトルを勝ち取っていなければ・・・
また今シーズン、ただ単にチームを降格圏から救っていれば・・・
おそらくSir Claudio Ranieriは彼のポジションのままで仕事を続けていたであろう。
Grazie di tutto,Ranieri.
翻訳者:Yusuke