Training を更新しました

攻撃のパターントレーニング:サイドからのセンタリングとフィニッシュゾーンへの侵入

サイドからのセンタリングをフィニッシュさせるための正しいポジショニングの習得を目的とした、2パターンのシチュエーションにおける攻撃のトレーニング。

 

サイドチェンジからのセンタリング→シュート(黒線で表記)

8番→15番→18番と異なるラインの選手によるパス交換から、右サイドのウィング(9番)の前方のスペースへパス。

中央の3選手は9番からのセンタリングをシュートするため、それぞれ以下のゾーンへ侵入する:

-ファーサイド

-ニアサイド

-ペナルティーマーク周辺(こぼれ球への対応も含む)

 

壁パスからのセンタリング→シュート(赤線で表記)

①でシュートした選手が速やかに左サイドのウィング(7番)へ近づき、壁パスを利用しながらDFラインを突破、7番のセンタリングを中央に残った2選手がシュート

※実際の試合状況に近づけるため、DFを2,3人配置することも可能。

※各ゾーンへ誰が侵入するか、基準を設けることでより複雑なパターン練習に変更することもできる。

 

例)①のシチュエーションにおいて、15番がファーサイドへ流れた場合、8番はニアサイドへ侵入する

 

練習時間:15分×1


そして、スペイン語版のAFOPROとの合同企画

 

LEICESTER CITY FOOTBALL CLUB ACADEMY 

 

のトレーニングを皆さまとシェア!!

ダウンロード
LEICESTER CITY FOOTBALL CLUB ACADEMY
LEICESTER CITY FOOTBALL CLUB ACADEMY .pd
PDFファイル 1.9 MB