Training を更新しました

プレッシングを容易に行うためのスライドのトレーニング

主原則:プレッシングをより効果的に行うためのチーム全体のスライド

 

副原則:中央とボールサイドのレーンに選手を密集させ、逆サイドのスペースは放棄する。

           :ライン間の距離を維持しながら行う。

            :サイドのレーンでは、常に31の状況をつくる。

 

状況設定:敵がゾーン1(2)でサイドチェンジを行った際におけるスライド

 

人数:1111(敵チームを各ライン1人ずつ減らしてぷれーさせてもよい)

 

練習時間:12×2セット(1分休憩)

 

 

制限付きの試合形式の練習。ピッチが3つのレーンに分けられており、常にCBからスタートする。攻撃側は、最低でも一度サイドチェンジしてからでないとフィニッシュすることができない。守備側は、選手全員が中央とボールサイドのレーンを埋めるようにスライドする。目的は、ボールロスト時も含む守備の局面において、プレッシングを容易に行うため常にチームをコンパクトにした状態を維持することである。ボールを奪った後は、通常の試合と同様にフィニッシュまでプレーを継続させる。より迅速なカウンター攻撃を練習するため、ボールを奪ってからのパス本数やフィニッシュまでのプレー時間を制限してもよい。

これまでのプレーモデル シーリズや

試合分析など盛り沢山


Follow us on

Official Partner

Share