Training を更新しました

攻-守におけるリトリートのトレーニング

主原則:数的不利な状況において、コンパクトな状態で撤退する。

 

副原則:守備における時間稼ぎ、守備ラインをコンパクトにし、サイドのエリアは放棄する。敵のフィニッシュ時に対してのみ、ボール保持者にプレッシャーをかける。

 

状況設定:自陣ゴール付近における、数的不利な状況下での攻-守の切替。

 

人数:10~18人

 

練習時間:9分×2セット(2分休憩)

 

図にはないが、まずGKがペナルティアーク付近へ配給を開始すると同時に、ゴールの両脇にいる2選手がスプリントを開始する。先にコーンを回ってボールを保持した選手がフィニッシュ、もう一方の選手はこれを阻止する。もしボールを奪った場合は、同じゴール方向へフィニッシュする。

このプレーが終わったら、両選手はサイドのコーンを回ってから中央のゾーンへ移動しリトリートを始め、3対2がスタートする。この時、攻撃側の3選手は守備の選手どちらかがコーンを回り終えるまでプレーをスタートすることはできない。

これまでのプレーモデル シーリズや

試合分析など盛り沢山


Follow us on

Official Partner

Share