Training を更新しました

1対1におけるフィニッシュの自動化トレーニング

主原則:フィニッシュ時における2FWの攻撃アクション

 

 

副原則FW間のコンビネーションにより敵CBを引き付け、フリーなスペースを利用する

 

 

状況設定:攻撃におけるフィニッシュの局面

 

 

人数612

 

 

練習時間:9×2セット(1分休憩)

 

右サイドの中盤役の選手によるパスでスタート。FWのひとりがパスを受けるまでに、フィニッシュ役のFWはコーンを回ることで敵CBを引き付ける動きを行う。これにより生まれたスペースへでパスを受け、フィニッシュする。直後、左サイドの選手のフィニッシュに対し守備を行う。右サイドのFWがスタートのパスを受けたと同時に、左サイドの中盤役も同様にスタートし、11の状況でフィニッシュを試みる。

休憩のタイミングで左右のサイドを交代する。


これまでのプレーモデル シーリズや

試合分析など盛り沢山