⚽️ Training を更新しました

3人目の動きのトレーニング

主原則:3人目の動きを利用したプレー

 

副原則:FWからの1タッチパスを受けるため、近い距離でサポートを行う

 

状況設定:ゾーン2におけるプレーの前進

 

練習人数:14人

 

練習時間:7分×2セット(休憩1分)

 

2つのゾーンに分けられたピッチにおいて、それぞれ3つのミニゴールが配置されている。ボール保持チームはできる限り早く前線のFWまでボールを届け、1タッチのパスを受けてからミニゴールへシュートすることができる。各チームのFWにはマークが付けられ、自由にボールを受けることが防がれている。FWとそのマークはピッチの中に入ってプレーすることはできない。FWへのパスは手前のゾーンからのみ出すことができ、FWからパスを受けるため、ゾーンを越えることができるのは2人まで。守備チームに対しゾーンにおけるノルマはないが、ボール奪取後は前述した制限が適用され、ポジションに付き直さなければならない。

ルール変更例:慣れてきたら、他の選手にも1タッチの制限を加える。なぜなら3人目の動きはFWのポジションでのみ行われるわけではないからだ。また、通常のポジションを考慮してトレーニングすることも可能である。2CB・DMF・2MF・FWの選手がプレーし、FWへマークする選手はCB、1-4-3-3のシステムにのっとり行うことができる。


Tactics(note) 作品の紹介



これまでのプレーモデルが全て入った

特別価格の『プレーモデルマガジン』が大好評!!

お求めはこちらから

↓↓↓


もちろん単品購入可能な

これまでのプレーモデル シーリズや

試合分析など盛り沢山