⚽️ Training を更新しました

数的不利な状況でのリトリートのためのトレーニング

主原則:数的不利な状況でのリトリート/数的同数の場合は、敵ボール保持者の近くにいる選手がプレッシャーをかける

 

副原則:サイドへと誘導する/最終ラインの選手がプレッシャーをかけるために飛び出した場合、ラインはコンパクトにしてカバーリングを行う/リトリートを完了させるため、敵の前進を防ぎできる限り時間を稼ぐ/半身の状態で守備を行う/敵ボール保持者にプレッシャーをかけるときは、利き足とは逆方向へ誘導する

 

状況設定:数的不利、または数的同数の状況下で、自陣ゴール付近でのボールロスト

 

練習人数55+2フリーマン+GK

 

練習時間9×2セット(2分休憩)

 

3つのゾーンに分けられた状態でGKから常にスタート。ボール保持チームはプレッシングを回避し、次のゾーンにいる選手にのみパスを出さなければならない。ゾーン2内ではパスを受けることが可能である。ゾーン2に進入された場合、守備チームは前線の2選手が戻ってくるまで時間を稼ぐため、守備ブロックをよりコンパクトにする。ボール保持チームの3CBは攻撃に参加することはできず、中盤のフリーマンと前線の2選手のみで行う。ボールを奪った場合、プレーは止まらずそのまま同様にフィニッシュを目指す



大好評のトレーニングマガジンは画像をクリック

Tactics(note) 作品の紹介



これまでのプレーモデルが全て入った

大変お買い得な『プレーモデルマガジン』の

お求めはこちらから

↓↓↓


もちろん単品購入可能な

これまでのプレーモデル シーリズや

試合分析など盛り沢山