⚽️ Training を更新しました

相手のワントップに対するゾーンディフェンスのためのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

フィニッシュのための試合形式トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

フィニッシュ強化のための自動化トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

ビルドアップ+フィニッシュのためのオレアーダのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

ポジショナル・ポゼッショントレーニング(1-4-3-3システム)

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

1-3-4-1-2システムのトランジショントレーニング【試合形式】

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

数的不利な状況でのリトリートのためのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

サイドからの前進のためのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

フィジカル、テクニックにフォーカスしたサーキットトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

高い位置でのネガティブ・トランジションのための試合形式トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

エントレリネアスのための試合形式トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

ポジション付きのボールポゼッションによる攻撃の再編成トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

ポジティブ・トランジショントレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

前進のプレーを促進するポゼッショントレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

前進・フィニッシュのためのスペーシングトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

トランジションのための持久力トレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

3レーンによるプレッシングのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

3人目の動きのトレーニング

続きを読む

⚽️ Training を更新しました

中盤における守備アクションのトレーニング

 

主原則:中盤ラインにおける守備アクション

 

 

副原則:サイドチェンジの阻止、縦パスの回避

 

 

状況設定:ゾーン2においてボールが保持されている状態

 

 

練習人数:8+GK

 

 

練習時間:9分×2セット(2分休憩)

 

 

攻撃チーム()がゴールを目指してプレーをスタートする。得点方法は2パターン、サイドのミニゴールか、前線のFWにパスを出して通常のゴールを目指す。守備チームの目的は、FWへのパスを阻止するためコンパクトな陣形を保つこと。そしてサイドのミニゴールへのシュートを防ぐため、サイドチェンジを回避しながらスライドを行うことである。ボールを奪ったら、自身の攻撃方向にある3つのミニゴールへフィニッシュを試みる。攻撃チームはミニゴールからの得点は1点、中央のゴールでは2点となる。攻撃チームには自由にプレーさせ、状況によって守備チームにキーファクターを与えていく形となる。

ルール変更例:前線のFWにパスを出した攻撃選手もフィニッシュに参加するため、ゾーンへ進入することができる。また、守備チームからもひとり進入できるようにすることで2対2の状況をつくる。

続きを読む

Training を更新しました

数的優位下におけるビルドアップのトレーニング

主原則:ビルドアップにおけるフリーな選手を探す

 

 

副原則:敵のプレッシングの背後の選手を利用する

 

 

状況設定:敵の2FWに対する、3CBまたは2CB+1DMFによるビルドアップ

 

 

練習人数:12+2GK

 

 

練習時間:7分×2セット(1分休憩)

 

 

ゾーン3対2の状況を設定、2フリーマンをゾーン間に配置する。GKからスタート、3対2のフリーな選手を利用しながら、敵のプレッシングの背後にいる味方選手(フリーマン)へとパスを通して前進する。その後、フリーマンと前線の選手による攻撃4対3でフィニッシュを行う。ボールが奪われる、もしくはクリアされた場合そのままプレーが終わるまで続ける。

自陣内でのフリーな味方選手を探すことを意識づけるため、フリーな味方選手がGKからのパスを受けてゴールした場合2点、GKから直接フリーマンに渡った場合のゴールは1点とする。

続きを読む

Training を更新しました

サイドからのセンタリングに対するポジショニングトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

縦に速いプレーのためのトランジショントレーニング

続きを読む

Training を更新しました

1-4-3-3に対する1-3-4-2-1の攻撃のトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

守備ブロックに対するポジショナルプレーのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

守攻の切替-カウンターによるフィニッシュのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

3バックの守備ラインによるスライドトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

1対1におけるフィニッシュの自動化トレーニング

続きを読む

Training を更新しました

トランジション時におけるスペーシングのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

攻-守におけるリトリートのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

プレッシングを容易に行うためのスライドのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

守-攻における判断力向上のトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

守-攻におけるプレッシング回避トレーニング

続きを読む

Training を更新しました

攻撃の自動化のパターントレーニング

現代サッカーは攻守の切り替えが多く、プレースピードも上がっています。そんなプレー強度の高い現代サッカー戦い抜くためには相手チームによるプレッシングの回避や、それが不可能な場合の対策としてプランBを選手たちに授けることはとても重要となります

 

このプランB攻撃自動化」のことあり、選手たちボール保持者や味方選手状況によって行うアクションを記憶するだけでプレーをフィニッシュまで繋げることが可能となります

 

そのため指導者はプレシーズン中に攻撃の自動化のアクションを身体に染み込ませるまでその練習を繰り返し、試合中に起こり得る状況に合わせて選手たちが反射的にプレーできるようにトレーニングを行います

 

以下の自動化アクションのトレーニング教授法を用いることにより、これを身に付けていくことが可能となります:

 

自動化アクションの導入相手の守備選手を置かず、バリエーションを与えながらも、最終的には最善な形でフィニッシュできるよう選手たちには一定の自由を与える。

 

自動化アクションの実践:34相手選手による守備ラインを置く。自チームの守備から開始する場合相手選手は中盤に配置する。

 

自動化アクションの再現:練習の最後に、制限付きの試合形式の練習を行う。学んだ各アクションを強調しながら、時に成功したチームに対して加点するようなルールを利用し、その再現性を促進する。

続きを読む

Training を更新しました

2レーンを利用したサイドレーンからの攻撃のトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

1-4-3-3システムにおけるフィニッシュトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

プレッシングに対するライン間の有効活用

続きを読む

Training を更新しました

中盤におけるトランジションからのフィニッシュのトレーニング

続きを読む

Training を更新しました

プレッシング強化のためのチーム対抗ポゼッション

続きを読む

Training を更新しました

サイドからのセンタリングを含む攻撃の練習

続きを読む

Training を更新しました

自陣からのカウンター

続きを読む

Training を更新しました

2トップに対する守備

続きを読む

Training を更新しました

センタリング:適切なタイミングとポジショニング

続きを読む

Training を更新しました

オレアーダ  :  ミドルシュートからの2対3

続きを読む

Training を更新しました

攻撃のパターントレーニング:サイドからのセンタリングとフィニッシュゾーンへの侵入

続きを読む

Training を更新しました

〈11人制〉サイドの攻略

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈8人制〉ロングパス(ロングボール)に対する予測

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈11人制〉前進

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈8人制〉 3人目

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈11人制〉 前進

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈8人制〉 カバーリング

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈11人制〉 サイドチェンジ

TR1

続きを読む

Training を更新しました

〈8人制〉 前進

TR1

続きを読む

Training を更新しました

攻撃の開始のフェーズにおける、ボールロスト後の素早い〈攻→守のトランジション〉

続きを読む

Training を更新しました

ミニ・コートでのゲーム形式 : デスマルケ・デ・ルプトゥーラ

続きを読む

Training を更新しました

ボールポゼッション(ポジショナルプレー):フエゴインテリオールの原理・原則

続きを読む

Training を更新しました

フィジカル&テクニックの要素のともなったフィニッシュ

続きを読む

Training を更新しました

デスドブラミエントとフィニッシュ・ゾーンを埋める動き

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【20】

メニュー 20  相手の数的優位な攻撃を回避してからのカウンター・アタック

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【19】

メニュー 19  相手の数的優位な攻撃を回避してからの素早いトランジションによる攻撃の完結

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【18】

メニュー18 相手の縦パスをカットしてからの素早いトランジッションによる攻撃の完結

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【17】

メニュー17 1対1 攻守のトランジッション

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【16】

メニュー16 中央でボール奪取→サイドへ展開→センタリングに対するエリア内での攻1対1の攻防

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【15】

メニュー15 黄色2x青色2+GKからの青色2x黄色2+GK

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【14】

メニュー14 青色の選手が後方からプレスを受けている状況下でのフィニッシュ→黄色チームによる逆襲3対2

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【13】

メニュー13 ロンド 4(GK含む)対3からの5対3

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【12】

メニュー12 黄チームの3対1→黄1+4フリーマン対3からの青チームによる逆襲

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【11】

メニュー11 青チームの2対1の攻撃からの黄チームの3対2の逆襲

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【10】

メニュー10:中央ゾーン(ゾーン2)でのボール奪取からの攻撃の完結

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【9】

メニュー9:永続的な3対3+2フリーマン

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【8】

メニュー8:3+GK対3による相手の前進を回避した後の3+1フリーマン対3による素早い攻撃の完結

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【7】

メニュー7:黄色2対青色2+GKからの青色3対黄色2+GK

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【6】

メニュー6:トランジション 2対2+2フリーマン(2)

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【5】

メニュー5:トランジション 2対2+2フリーマン(1)

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【4】

メニュー4 : 壁パスからのフィニッシュ & トランジション      2+GK対3

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【3】

メニュー3:サイドチェンジからのフィニッシュ 2x2+GK

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【2】

メニュー2:トランジション(切り替え)の局面における数的不利を回避するためのリトリート 3x2+1+GK

続きを読む

狭いスペースにおけるトランジションのトレーニング【1】

イントロダクション

 

現代フットボールにおいて、選手の状況決断を促進するためのトレーニング・メニューが最も重要となります。
狭いスペースを用いることにより、実際の試合中のプレーにおいて選手たちは最短時間で自身の持つオプションの決定が可能となります。なぜならば、選手たちは予めトレーニングした状況が自身の記憶に蓄積されているので、試合中に実際に行なう状況決断の行程は最短時間で可能となります。

AFOPROのスペイン人講師がお届けする、この20種類のトレーニングメニューにより、最短時間でのカウンター・アタック&リトリートを実現することが可能となり、あなたのチームは攻-/-攻のトランジションの局面における状況決断が改善されることでしょう。また、おおまかなポジションは、あなたが実際チーム採用しているシステムに変更すること可能です

 ※当然、サッカーだけに限らず、フットサルのトレーニングとして用いることも可能です。

 

トランジションの作業中に考慮に入れる原理原則とキーファクター:

  • ボールを奪い返したゾーンから素早くボールを出しポゼッションを保証する
  • 最小限のタッチ数と最短時間でのゴールへの前進を優先する
  • パスに加え運ぶドリブルを優先し、パスが不可能な状況では運ぶドリブルで相手を引きつける
  • カウンター・アタックを行なう場合には、グランドの両サイドと中央を活用する
  • 攻撃側の選手たちは、ボールの近くに寄らない
  • 他の異なるラインの選手たちはプレーに関与する
  • ボールのあるゾーン内で数的優位/同数をさがす    

メニュー1:RONDO 5×3 + フィニッシュ

続きを読む